福島県観光情報サイト

法人・企業の皆様
はこちらから

昔の湯治風情を体験してみませんか。

  1. HOME
  2. ニュース一覧
  3. 昔の湯治風情を体験してみませんか。

猪苗代押立温泉「湯治宿さぎの湯」  今では、どの街中にもある天然温泉。 気軽に、いつでも入浴できるので便利ですが、大自然の中にある天然温泉とは大きく異なります。その違いは、「観天望気」です。詰まり、心身共にリラックスするには、目の前の風景。静けさ。人との触れ合いなど、自然の中に佇むと、心が落ち着いて安ど感に満たされるのです。昔の湯治宿には、身体の疲れを和らげるだけではなく、ゆっくりと時間の流れを過ごす事で、明日への活力を補充しているのです。 安政二年開業のさぎの湯は、会津磐梯山麓にある押立温泉ただ一軒の湯宿になりました。以前は、翁島周辺にも温泉宿。押立温泉にも、明治大正昭和と、長い間三軒の湯治宿が有りました。しかし、残念ながら現在では、さぎの湯一軒が残るだけとなりました。 昭和五〇年代までは、天然硫黄泉の源泉27℃を薪で湯沸かしして利用していましたが、今では単純高塩泉をかけ流ししています。硫黄成分の薬効が良く、県内外からお客さんが来訪していましたが、薪釜の時代から、ボイラー湯沸かし器の時代に変化。でも、この最新設備には、源泉が対応できなかったのです。硫黄成分が強すぎて、ボイラー配管が3年程で使えなくなるのです。

硫黄源泉

単純高塩泉は、猪苗代リゾート関連の源泉から引き湯しています。 泉温は43度前後。ナトリウムイオンが強く、柔らかい泉質なので体の芯まで温めて保温します。この為、登山帰りやスキーを楽しんだ後に入浴すると筋肉疲労に効果的です。温泉湯治は、一週間から半月ほど時間が必要ですが、入浴時間と健康食を上手に取り入れることによって、3日から一週間の短時間でも効率よく体力改善に役立ちます。 さぎの湯旅館では、猪苗代郷土料理を基本膳としています。清水で育った猪苗代の米。自家栽培した野菜から、地採り山菜などを調理しています。もちろん味噌も自家製で貯蔵しています。こんな手間暇かかる健康食は、大手温泉ホテル等ではチルド製品80%ですから不可能です。

筋筋肉疲労回復
天然高塩泉

昔の硫黄泉は、現在でも自噴しています。 でも、入浴設備がないので、足湯ぐらいしか体験できません。磐越道猪苗代ICを出ると、田んぼ周辺には沢山の白鳥が餌を啄んでいます。大きな道の駅もありますので、会津のお土産が購入できます。 押立温泉さぎの湯旅館 〒 969-3286 福島県耶麻郡猪苗代町押立温泉 TEL 0242-65-2515  FAX 0242-65-2243 http://www.saginoyu.biz

昭和浪漫の雰囲気
健康食膳