福島県観光情報サイト

法人・企業の皆様
はこちらから

えっ福島市で!食べて・呑んで・癒されて、最高のキャンプ旅!!

  1. HOME
  2. ニュース一覧
  3. えっ福島市で!食べて・呑んで・癒されて、最高のキャンプ旅!!

福島県出身のキャンプ好きが、 今回は福島市を満喫する最高のキャンププランをご紹介!!

近年、空前のキャンプブームとなっておりますが、みなさんはキャンプをしたことがありますか? 満点の星空の下、美味しい地元食材をいただきながらキャンプをしたり、 ゆったり温泉に癒されて絶品ラーメンを食べたりと、 福島市の魅力が盛りだくさんの旅となっておりますので、 ぜひ最後までご覧くださいませ♪

DAY1 13:00〜 まずは、道の駅 国見「あつかしの郷」で地元食材をゲット! 14:00〜 おしゃれなキャンプ場「FOME BASE」で満点の星空キャンプ!! DAY2 11:30〜  キャンプの翌日は飯坂温泉「花ももの湯」で身も心も癒されて。 13:00〜  温泉後は「らーめん厨房 大」の絶品塩ラーメンに舌鼓♪ 14:00〜  旅の〆はお土産を買って福島の雄大な景色を一望

道の駅 国見「あつかしの郷」

DAY1 13:00〜 まずは、道の駅 国見「あつかしの郷」で地元食材をゲット!

さて、今回の旅は福島県福島市の飯坂町で、キャンプを楽しんでいきたいと思います。 キャンプ旅の始まりは、食材調達から!ということで、まずは買い出しへ。 僕はいろんなところにキャンプへ行っているのですが、毎回食材調達に利用する場所があります。 それは、その地域にある道の駅です。 道の駅には地元の採れたて食材や、ご当地のお酒や美味しいものが売っていて、 その地域の食を味わうには絶好の買い物スポットなんです! 今回は、飯坂町近くの道の駅 国見「あつかしの郷」で食材を買っていきたいと思います。 道の駅へ入るとたくさんの新鮮野菜や果物がズラリ! 何を作るか考えながら、アレコレ食材を選んでいきます。 福島県はフルーツ王国としても有名で、この道の駅にも美味しそうな果物がたくさん。食後のデザートにとシャインマスカットをゲット!スーパーでは高いイメージのシャインマスカットですが、さすがは道の駅。とても安い値段で買うことができました♪

道の駅 国見「あつかしの郷」

お次はみんな大好きなお肉。美味しそうなご当地ソーセージや、このあたりの名物である「円盤餃子」などを購入!

そして最後は忘れちゃいけないお酒!お酒コーナーへ行くと、福島県名産の桃やお米で造った面白いビールがたくさん並んでいて、どれを買うか悩みます‥。 じっくりと選んで、焚き火に合いそうなクラフトビールを何本かチョイス。

無事にキャンプの食材調達が完了。 それではキャンプ場へと向かっていきたいと思います!

飯坂町茂庭のキャンプ施設「FOME BASE(ホームベース)」

DAY1 14:00〜 おしゃれなキャンプ場「FOME BASE」で満点の星空キャンプ!!

今回は、福島市の飯坂町茂庭にある「FOME BASE(ホームベース)」というキャンプ場に泊まらせていただきます。 ここFOME BASEは、オーナーさんがこだわって自ら作ったおしゃれなキャンプ場で、若い方を中心に人気のキャンプ場だそうです。 (人気の秘密である、おしゃれなキャンプ場の様子は後ほど‥♪) 今回は森林フリーサイトにテントを張ることに。この日は天気にも恵まれ、木漏れ日とたまに吹き抜ける風がとても心地いいです。 テントを設営した後は近くの川沿いを散歩したり、お昼寝をしたりとのんびり自然を満喫します♪

さて、あたりもだんだんと暗くなってきましたので、FOME BASEの美しさをドーンとご覧ください!! いかがでしょう。これは入り口からの様子なのですが、驚くほどおしゃれではありませんか?! これがすべてオーナーさんの手作りというから、すごいですよね。 左にはバーベキューハウス。中央奥には常設のグランピングサイト。右の大きな木にはツリーハウス。そしてその下には、なんとバーカウンターまで! 何もかもがおしゃれで施設も充実していて、これは人気があるのも納得です。

では、お腹も空いてまいりましたので、お楽しみのキャンプご飯です! 道の駅で買った食材を調理して、美味しくお腹いっぱいいただきました。 食後はクラフトビールを片手に、ゆらゆら揺れる焚き火の炎に癒されます。 日常の喧騒から離れた、ゆったり流れる贅沢な時間‥。キャンプの中で一番好きな時間です。

しだいに夜もふけていき、空を見上げるとそこには満点の星空が。 とても綺麗でしばらく眺めながら、ぼーっとしていました。 それではそろそろ明日の旅に備えて、就寝したいと思います。

飯坂温泉「花ももの湯」

DAY2 11:30〜  キャンプの翌日は飯坂温泉「花ももの湯」で身も心も癒されて。

キャンプ旅2日目。ぐっすりと寝た朝は、鳥の囀りで爽やかに目が覚めました。 朝は道の駅で買ったパンとコーヒーで、軽い朝食をいただきます。 テントを片付けチェックアウトを済ましたら、キャンプの疲れを癒しに温泉へ!今回はこちら、飯坂温泉「花ももの湯」で温泉にゆったりつかりたいと思います。 ここ花ももの湯はタオルも料金に含まれており、手ぶらでOK!これは旅行で来た方やキャンパーにとって、非常に嬉しいですね。 それでは、受付をしてさっそくお楽しみのお風呂へ!

お風呂は広い内湯といろんなタイプの露天風呂があり、自分の好きなお風呂でのんびりとくつろぐことができます。 綺麗なサウナもありますので、サウナ好きの方もご安心を!個人的には露天風呂にある「立ち湯」が、とても気に入りました♪

温泉でサッパリした後は、お決まりのコーヒー牛乳タイム!花ももの湯では無料で浴衣も借りられますので、のんびりくつろぐには最高です。 体に付いた焚き火の香りや疲労はすっかり洗い流され、身も心もリフレッシュ完了です!

飯坂町にある「らーめん厨房 大(だい)」

DAY2 13:00〜  温泉後は「らーめん厨房 大」で絶品塩ラーメンに舌鼓♪

温泉でキャンプの疲れを癒したら、すっかり腹ペコということで、お昼ご飯を食べにラーメン屋さんへ! 福島県は美味しいラーメン店が数多く出展している地域で、全国からもその味を求め、ラーメン好きが訪れる地域でもあるのです。 今回は、飯坂町にある「らーめん厨房 大(だい)」にお邪魔いたしました。 もうお腹はペコペコ!こちらのらーめん厨房 大は塩ラーメンがおすすめということで、「しおチャーシューメン」を注文。

厨房を覗くとさっそく麺が茹でられはじめました。ラーメン屋の店主ってかっこいいですよね。ラーメン好きの男子なら、きっと一度は憧れたことがあるはず!

しばらくすると「お待たせいたしました〜!」と、ラーメンが到着。こちらがらーめん厨房 大の「しおチャーシューメン」になります。 これは美味しそう! さっそくいただきたいと思います。

らーめん厨房 大の「しおチャーシューメン」

ではまずはスープから。レンゲですくってみると、ほんのり黄金色に輝く透き通ったスープですね。 ひと口いただくとその見た目に反して、旨味がガツンと押し寄せてきます!! 塩ラーメンなので全体的にあっさりはしているのですが、薄いという印象は全くなく、しっかりと深みがある味でとても美味しいです。

使われている細めのストレート麺は塩のスープと相性抜群で、しっかりとスープを口へと運んでくれます。 気になるチャーシューも肉厚で絶品!トロトロとホロホロのちょうど中間の絶妙な仕上がりで、あっという間に完食してしまいました!

コラッセふくしま1階にある「福島県観光物産館」

DAY2 14:00〜  旅の〆はお土産を買って福島の雄大な景色を一望。

さて、満点の星空の下キャンプをして、ゆったり温泉にも入って、美味しいラーメンをいただいたら、いよいよこの旅も終盤。 旅の締めくくりは福島市にある「福島県観光物産館」で、お土産を買っていきたいと思います。 こちらの物産館には福島県内の美味しいお土産や特産品がたくさん販売されていて、福島県に訪れた際にはぜひ立ち寄っていただきたいところ! また、施設内にある飲食ブースでは、福島県内の飲食店が時間や日ごとにローテーションで食事を提供しているので、福島の様々なお店の味を楽しむことができるそうです。

福島県は、毎年行われる日本酒の全国新酒鑑評会で8回連続金賞受賞数日本一!という、全国的に酒どころとして有名な県。 日本酒に詳しいスタッフさんにおすすめをお聞きして、今が旬の日本酒を購入いたしました!

お土産もたくさん買ったところで、観光物産館が入っている施設「コラッセふくしま」の最上階にある展望ラウンジへ。 ガラス張りの展望ラウンジからは福島市を一望することができ、吾妻連峰の雄大な山々や福島盆地、そして阿武隈川を望むことができます。 まさに旅の締めくくりにはもってこい場所!のんびりと景色を眺めながら、今回の旅に思いを巡らせました‥。 さて今回は、キャンプを通してふくしまを満喫する旅をご案内してまいりましたが、いかがでしたでしょう。 もうあなたも福島県へ遊びにきたくなったのではないですか?♪ 広い福島県、今回ご紹介した以外にも、美味しいものや素敵な観光スポットがたくさんございますので、ぜひ一度お越しください。

「コラッセふくしま」の最上階にある展望ラウンジ