福島県観光情報サイト

法人・企業の皆様
はこちらから

冬がオススメ! 「温泉大国ふくしま」で豊かな自然と湯船にひたれる話題の温泉地紹介

  1. HOME
  2. ニュース一覧
  3. 冬がオススメ! 「温泉大国ふくしま」で豊かな自然と湯船にひたれる話題の温泉地紹介

コロナ禍で外出する機会が減っているうえに毎日がバタバタと忙しく過ぎていくと、たまには開放的な気分を味わいたいという方も多いのではないでしょうか。それに肌寒くなればなるほど、温泉にゆっくり浸って身も心も休めたいと思うような季節ですね。

実は福島県は、日本全国で見ても温泉地の数がベスト4(※1)に入るほどの温泉大国なんです。県内だけでも136か所もの温泉地が存在します。 東に阿武隈山脈、中央に奥羽山脈と南北に連なる2つの山脈によって、会津・中通り・浜通りの3つの地方に分かれています。ぞれぞれの地方ごとに地質や気候、文化、食なども異なり、温泉地もそれぞれ異なる特色を持っています。 そんなバラエティ豊かな温泉地を有する福島県だからこそ、各地の温泉めぐりは毎回違った発見を楽しめると自信をもってオススメします! 「温泉が多いのはわかったけど、どこがおすすめなの?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。 この記事では、この時期楽しめる福島県の豊かな自然や星空をテーマに、温泉をご紹介します! ※1 参考:一般社団法人日本温泉協会「都道府県別 温泉ベスト10」  https://www.spa.or.jp/onsen_wp/wp-content/uploads/2021/04/onsen_best10_01.pdf

注目を集める隠れ温泉スポット「南会津」。冬の季節はスキー旅にも最適!

そんな福島県で最近密かに注目を集めていて、今の時期だからこそおすすめしたい温泉スポットが、会津の南側に位置する南会津町です。 南会津町公式のPRムービーに魅力が詰まっているので以下URLからご覧ください! https://www.youtube.com/embed/aLQXg-GR2-s 自然豊かで、冬にはウィンタースポーツも盛んな南会津町。代表的な温泉地は、4つの風情豊かな共同浴場がある湯ノ花温泉と、秘湯中の秘湯・木賊(とくさ)温泉の2か所。 中でも木賊温泉は、渓流沿いという最高の立地に岩風呂があり、そこに屋根をかけただけという野趣たっぷりのロケーション。足元の川床から湧出する温泉を楽しめる人気の秘湯ですが、2019年に台風19号の被害で長らく休業していました……。

しかし、つい先日、復旧が完了して約2年ぶりに再開! これまでにも何度か台風により建屋が流されるなどの被害を受けてきましたが、そのたびに全国の木賊温泉ファンから応援が寄せられ再建され、根強い人気を誇ります。 開湯してから約1000年が経つとされ、古くから“会津の隠れ湯”と呼ばれていることから南会津に訪れたら一度は行ってみたい温泉地です! 【木賊温泉】 住所:福島県南会津郡南会津町宮里 電話:0241-64-5611 (南会津町観光物産協会 舘岩観光センター) 利用:24時間利用可能

満天の星空×温泉の非日常を体験

筆者が南会津町を今の時期だからおすすめしたい理由は、温泉地としての魅力はもちろんですが、天体観測地としても優れたエリアだということ。光害と呼ばれる人工的な光が少なく、国内でも屈指の星空がキレイに見える町。 特に冬の時期は空気が澄んでいるからこそ、より鮮明に星空を見ることができます。旅先で見る満天の星空なんて、考えただけでもムード満点ですよね! ここで、先ほど紹介した木賊温泉のホットな話題に加え、2021年9月に新たな宿泊施設としてオープンした「会津高原 星の郷ホテル」をご紹介します。 このホテルは「ホテルから満天の星空が見られる」ことや「無垢材をふんだんに使ったナチュラルテイストのインテリア」が好評で、現在、Instagramを中心に話題が広がっています。

筆者も実際に一泊しましたが、客室が全18室とコンパクトなので、他のお客さんとすれ違うことも少なく「人ごみにあまり行きたくないな」という方にもおすすめです。

晴れた夜にはホテル正面玄関前や2階テラス「星空広場」で天体観測が行われており、天体望遠鏡を使って本格的に観測できます。 条件のよい日には、土星の輪も見えるんですよ!

実際にホテルから一望できる星空の美しさ。 降るような星空とは、このことですね。

手を伸ばせば届きそうなほど近くに見える星々と、ピリリとした夜の空気感。温かいものを飲みながら夜空一面に広がる星空を眺める、そんなロマンチックな体験ができます

冷えた体をほぐしてくれるトロトロの美肌の湯

そして、星の郷ホテルは天体観測で冷えた身体を温める温泉も評判。 大浴場のほかに、屋根付き露天風呂、貸切風呂、一部の客室には源泉かけ流しの温泉風呂が付いている部屋もあります。

泉質は「ナトリウム-硫酸塩・塩化物・炭酸水素塩泉」。きりきずや冷え性、関節や筋肉の痛み、胃腸機能の低下などにも効能があるとされています。 とろりとした質感があり、浸かった瞬間から肌に吸い付く感覚のお湯。美肌の湯とも呼ばれ、肌のモチモチ・しっとりは翌日まで持続します。化粧水にとっぷり浸かっているようで、女性人気が高いのも納得ですね。 筆者は夜と早朝に大浴場で入浴しましたが、どちらも他の宿泊客に会うことはなく貸切りでのんびり入ることができました!

日帰り入浴もできる珍しい道の駅もお忘れなく

行き・帰りに立ち寄って欲しいのが、星の郷ホテルから車で約10分ほどの場所にある「道の駅山口温泉 きらら289」。国道289号線沿いにありホテルからのアクセスが良いので、筆者は帰りがけに寄ってみました。 なんとこの道の駅は、日帰り入浴可能の温泉を併設しています。和風の「山桜の湯」と、洋風の「山桜の湯」があり、「山桜の湯」には気泡浴やドライサウナ、「山桜の湯」にはジャグジーとかけ流しの源泉風呂、どちらにも大浴場と露天風呂がありバラエティ豊か。

館内には会津の地酒や、南会津特産の「南郷トマト」を使ったカレーやラーメンなどの食品や、会津木綿を使った小物といったお土産、また名物「わらじソースカツ丼」などレストランのメニューも充実していますので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

【道の駅山口温泉 きらら289】 住所:南会津郡南会津町山口字橋尻1 電話:0241-71-1289 温泉営業時間:日~金曜日 10:30~19:00(最終受付18:30)         土曜日  10:30~20:00(最終受付19:30) ※毎週火曜日は施設清掃のため休み https://www.kirara289.jp/

温泉大国ふくしまには魅力的な温泉地がたくさんあります。その中でも今回は、話題性のある南会津町からいくつかご紹介しました。 個人的には、賑やかな温泉街のある温泉地も好きですが、自然を肌で感じながら浸かる温泉も特別感があって好きです。 そして、視界がすべて星空で埋まってしまう圧倒的な美しさは、帰宅後も目に焼き付いて離れずに心に残りました。 コロナ禍で人混みを避けて外出したい、そんな状況だからこそ、ゆっくり楽しめる南会津町はぜひ訪れてほしいスポットだといえます! 心置きなく旅行を満喫するためにも、感染予防対策をしっかり行って楽しみたいですね。